2009年08月29日

独り言

勝てない。
点数がとれない。

どうして毎年、毎年夏になると勝てないのでしょう。
アルビは夏が苦手です。
それは何故に?!


下のチームは勝ち点をちゃんととっている。
上のチームが失速してきている。

そして瑞穂でまた負けた。

ダンナは「悪くはないんだけどなぁ」と言う。
私はいい所も悪い所もわからない。

さすがに3連敗はきついわねぇ。
この苦しい時期をどう乗り越えるのかしら?!

2009年08月26日

少し前の話になるけど

ダンナのこのエントリーの続きの話

いつも私は我慢できず携帯でJ'sゴールを見てしまうのですが、それをするとダンナは怒る。私が結果を言わなくてもダメだと言います。
なので、この日は結果を見ませんでした。

2人で仕事を終え、外へ出るとオレンジの人がいない。
シャトルバスの降車場にもまだ誰もいない。

そのうち親子を見つけたが、普通の表情。
「負けていたらみんなさっさと帰ってくるよね」まだ全然いないじゃない。
きっとスワンでは勝ってみんな喜んでいるんだよ。
・・・と2人で想像する。

家まで帰る間、オレンジの人を見ては顔を見る。顔からは読み取れない。でも明らかに早く帰ってくる人が少ない。
スーパーに寄って買い物をする。そこでも普通。

家に帰りお風呂に入り、ご飯を食べながら「さて試合を見よう」

とりあえずもう遅いし、明日も朝から仕事なので点の入ってないところは飛ばそうと早送りで見ていく。

・・・
よし!!今日は勝ちかぁ?!

・・・
なんだよ〜。
引き分け?!
また飛ばす・・・

負けですかぁ。
スカパーのアフターゲームショーを見る気力もありませんでした。続きを読む

2009年08月25日

パプリカが色づいてきました

090825~02.JPG
これはオレンジ

090825~01.JPG
これは黄色

やっとパプリカが色づいてきました。
そしたら・・・緑のがまた1個虫にやられていました。

土を掘って探したけど見つからない。
葉をよく見ても見つからない。
とりあえず木酢液を薄めて散布し、次の日に見たら糞が一つ・・・
諦めず探しました。そしたらやっぱり土の中で睡眠中でした。土と同じ色なのでなかなか見つからなかっただけでした。
色のついたのを食べられたらショックですからね。

やっと晴天が続いているので、沢山実がついてきました。
で、気がついたこと。

6〜7月と花は沢山咲いていたのですが、結構落ちるものが多かったのです。地表温度が低かったのだと思いますが、今の花よりとっても小さい。

090825~03.JPG
これが今の花。
立派な花が咲いています。
今まではこれより一回りくらい小さい花でした。だから受粉しなかったりだったのですね。
たぶん


パプリカのプランター栽培で私が発見したこと。

1.プランターは大きくないとダメです。

私は今は野菜用のプランターにしたのですが、それまでは草丈が伸びませんでした。この野菜用プランターにしてからぐぐっと伸びました。(気温、天気の影響もあるとは思いますが)

090825~04.jpg

今のプランター。

090825~04.jpg

始めに使っていた花用プランター

土の量のかなり違ってくるし、根への肥料の影響も違うのでしょう。
枝物の野菜はプランターは大きい方がいいです。小さければせめて1本植えで。

もし途中で草丈が伸びない。もしかしてプランターが小さい?!と思ったら・・・

2.30cmくらいの木でしたら、気をつければ植え替えも可能です。(かなりきついけど)

私はダンナと2人がかりで土ごと植え替えました。
写真下のプランターから上のプランターへ、できるだけ土ごと移しました。
その後は写真のようにかなり成長し、実も大きくなり、尻腐れも起きなくなりました。

ただ尻腐れに関しては、タキイのカルシウムエキスを適当に葉面散布しているからかもしれませんが。

プランターが大きい方が夜盗虫が出た時に根元の土を掘り返し探すのも楽ですしね。

実が沢山ついてきたら虫との闘いです。とにかく食べられないように気をつけないと、実の中に入り実を落とされてしまいます。

虫に食べられてもそこを除けば食べられるのですが、私のように巣にされて中で糞やゼリー状のものを出され、気がつかない1〜2日のうちでコトっと実を下に落とされてしまうとそのままゴミ箱行きになってしまいます。

毎日、実をきちんと観察することが大切です。ちょっとでもかじられている所(よくヘタの部分をちょっとかじります)があれば虫探しをした方がいいです。
犠牲者(実)がでます。

さて、いつ我が家のパプリカは食べられるでしょう。
posted by Rena at 16:51| Comment(0) | 家庭菜園

一夜明けて

新潟県はまだ日本文理高校の準優勝の喜びにひたっております。

090825.JPG
↑ダンナが買ってきた新聞たち。
仕事で使うので買ってきたそうです。

さっき近くのスーパーの「日本文理高校・感動ありがとうセール」に行ってきました。別に何があるわけじゃないけど、何となく・・・安い物を買ってきました。
他でもやっているのかなぁ?!

さて、夏の甲子園が終わったばかりなのに、北信越の地区予選の抽選が昨日行われました。
今度は春の選抜に向けて始動です。まずは新潟県優勝を目指して、どこが勝ち進むのでしょうか。
すごい楽しみです。
posted by Rena at 16:04| Comment(0) | 雑記

2009年08月24日

よくやった!日本文理・準優勝

おめでとう!!
よくやった!!

もう、それしか言えない。

春夏あわせて唯一BEST4にいったことのない県と言われていて、BEST4に行き、それが準優勝。

あと1点が足りなかったし、不運な守備エラーでの失点からの6失点だったけど、よくやったよ。

あの9回の頑張りを見たら、負けてももう何も言えなくなってしまった。

9回表2アウトから5点もとって、あれだけ感動をもらえただけで十分です。
私は9回の加点途中から涙が止まりませんでした。

2−3−2からあれだけ何度もヒットを打って、あと一人をなかなか打ち取らせなかったあの粘り。劣勢になっても諦めない。しかも怖がらず打って行く。
すごいよ。

たぶん、新潟県民はみんな燃えたよね。

楽しい夢を見させてもらいました。
夢と希望をありがとう。

新潟県民の期待を背負って、本当によく頑張った!!

試合が終わっても、みんな笑顔で爽やかな顔をしていたのが印象的でした。

おめでとう!!日本文理高校

続きを読む
posted by Rena at 15:47| Comment(2) | 雑記

2009年08月20日

真夜中の訪問者

まず、昨日の試合のことは忘れちゃいました。
文理が勝ったのに、アルビはまた勝たなきゃいけないところで負け、そして上位が仲良く負けていましたねぇ。
上位が不思議なくらい足並みを揃えます。どうしてだろう・・・

文理は新潟勢25年ぶりのBEST8。
春夏で唯一BEST4に入ったことのない県だそうなので、明日は是非勝ってBEST4に入ってほしいです!!

で、昨日、スカパーのアフターゲームショーを見て、いつもより遅い消灯になった我が家。やっと寝に入り少したった真夜中に突然、外で不思議な鳴き声がしました。
しかもすぐ窓の外あたり。

私は音に敏感なので、すぐ「ん?!」と飛び起きたのですが、ダンナは何度目かでうるさくて起きました。

真っ暗な中あまり聞かない不思議な鳴き声。
「鳥?!」
「猫?!・・・いや、違うなぁ」
と外を見てみると、塀の上に何かがいてブルブルと震えながら必死で鳴いている。

我が家の塀は3cmくらいの細いもの。落ちそう。でも飛び降りるには高いしと、怖くて鳴いていたのでしょうね。

よ〜く見ると、タヌキの子供でした。

こんな所にタヌキ?!
しかも何で1m以上もある塀の上に?!どこかから飛んできた?ってな感じ。
自分で登ったとは考えにくい状況。

私はカナダにいたので多少の野生動物には驚きません。でもこんな所にタヌキが・・・
ダンナの実家の方では見たことがあるし、我が実家の市の山の方は熊が出るし、野山がある所ではわかるけど、ここはどちらかというと市内では都会(?!か)の方だと思う。
さすがにビックリしました。

鳴き方がレッサーパンダと同じ鳴き方。どこかではぐれて必死でお母さんを呼んでいたのでしょうね(自分一人で来たとは思えない)50cmくらいの至近距離でタヌキの子供と見つめ合ってしまいました。
でもさすがの動物好きの私でもムツゴロウさんのように野生動物には手を出せない。(野生動物は怖いですからね。バンクーバーのノラあらいぐまなんて超がいくつもつくほど凶暴です。見た目はかわいいのに)

どうすることも出来ずにそのままにしておいたら、そこからズリズリと塀から降りて(落ちて)どこかに行ってしまいました。

子供だからすごくかわいかったです。くるみさんも真っ暗な中で何かいる?!とわかったのか、ちょっとだけ吠えてました。私たちが騒ぎ出してからだから番犬にはならなさそうだけど。

お母さんタヌキと会えたかなぁ。
posted by Rena at 12:53| Comment(0) | 雑記

2009年08月19日

これはいい・・・ケド

久々に駅に行ったらこんな物が出来ていました。

アメリカ(ロス)には結構あったので、日本にもこんな物があったらいいなぁとはダンナに言っていたのですが、新潟駅にも新しく出来ていました。

090819.JPG

でも・・・
ここ降車場で人はいない。
しかも風が吹いているので、ミストが下より反対側の道路の方に流れてあまり良さが実感できなかったです。
しかもここは日陰だし。

それでもすご〜く暑い日にバスを待つ人にはとってもうれしいような気がします。(エコじゃないようだけどね)
posted by Rena at 16:52| Comment(0) | 雑記

2009年08月17日

朝から「うきゃ〜」

今朝、会社に行ったら間借りしている会社の人に
「今日さ、水道管が破裂して水が使えないから」
と言われた。
「いつまでですか?」の問いに「たぶん、一日使えないかなぁ」

「・・・」
トイレ〜!!

朝から泣きそうでした。

街中にある会社だったら何とかなるけど、我が会社はコンビニもない工業団地の中。
しかも今日はダンナから送ってもらったので車もない。

本当に一日直りませんでした。(私の帰るまでには)
頑張ればなんとかなるものだけど、使えないとなるとドキドキしてしまいます。
幸い小さい公園が徒歩5分の所にあるのでそこまでトコトコと行ってたのですが、明日は直るでしょうか・・・
業者さんが「どこが破裂しているのかわからない」
と言ってるそうなのでしばらくはトイレとの戦いかな?!

それにしても昔はコンビニもなく長旅ではトイレに困りましたよね。今は便利になったので、こんな事でも不便に感じます。

私の姉妹は乗り物に弱いので、車で長旅の時はとても大変でした。子供の頃、お盆休みに車で東京に行ったことがあるのですが、高速道路も一般道も混んでいてトイレを求めて道路を走った覚えがあります。子供の頃は究極酔った時はもう所かまわず・・・

今でも時々ダメですが、車はさすがに運転をするのでよくなったかな。でも自分の運転でも酔うけど・・・
夜行電車や船が時々ダメです。
それでもどこかに行くのが好き。どこか行きたいなぁ。
posted by Rena at 18:29| Comment(0) | 雑記

2009年08月16日

サマーワンピース&チュニック

妹に頼まれていた姪っ子のワンピースとチュニックを作りました。
(そろそろお年頃なので、母の希望で顔を隠しています)

妹の注文はリネン(麻)希望だったのですが100%リネンなんてこの辺では売っていません。しかも高いし。
なのでハーフリネン(麻55%、綿45%)の生地。

女の子〜って感じに胸とポケットにリボンをつけました。

090817~011.jpg

上のを作った後に胸の所にシャーリングを入れたのがいいということで型紙をアレンジして作ったのがこれ↓

090817~021.jpg

090817~031.jpg

ラウンドネックからスクエアネックにして、丈も短くワンピースからチュニック風に。



姪っ子・姉にだけだとケンカになるので、姪っ子・妹用に色違いのハーフリネンで、1枚目のワンピースをアレンジして首、袖の部分をフリルっぽく。ハイウエストにもシャーリングを入れて。

090817~041.jpg

090817~051.jpg

一番始めのは130cm。それ以外は120cmなのですが、モデルは姪っ子・姉なので両方大してサイズは変わらないということですね。ゴムだから調整もききますし。

う〜ん。かわいい。
またこの姪っ子・姉がカメラの前での写真映りがうまいのです。ダンナも時々写真に撮っているのですが、子供アイドルのような笑顔。


女の子の洋服はアレンジがきくし、作るのも楽しいです。

今度は母(妹)のチュニック依頼が来ました。
今回は妹に生地を多目に買ってもらい、自分のも作ることにしました。

昨日は母、妹と一緒に生地を買いに行ったのですが、生地を見るといろいろ作りたくなります。作り終わったばかりなのに、また生地が増えている我が家。

今日もいい天気なのでダブルガーゼの水通し中(洗濯をすると縮むので、作る前に水につけてあらかじめ収縮させてから作る)

元々、母が何十年もニット業界で仕事をしていて、家にミシン、ロックミシンがあるのが当たり前の家庭で育ったのですが、 今回あらためて感じたこと。
やっぱり私は料理よりソーイングの方が好きみたい。

でもモデルの子供がいないのが悲しいなぁ。
posted by Rena at 12:15| Comment(0) | ハンドメイド

2009年08月13日

お盆休み

何気にお盆休みって忙しいです。

我が親族(といっても両実家)はお盆に集まるのが習慣になっています。
今日はダンナんち。
何年ぶりかにダンナの妹夫婦、姪っ子ちゃんが新潟に来たためお墓参り&夕ご飯でした。ダンナの姪っ子ちゃんたちはもう大きい(中、高校生)ので会う度に大人の雰囲気になりビックリ。この頃の子供の成長は早いですね。


日本にはお墓参りという習慣があるため当たり前のようになっているお盆休み。
東京にいた時はお盆休みというのが存在しなかったため、こんなことしなかったよなぁということを思い出しました。普通の土日週休2日の会社だったのですが、お盆はどこも混むため、あえてお盆休みというのを作らなかったみたい。
世の中にはお盆も仕事の人も沢山いますよね。では何故、お盆休みができたのでしょう?!不思議です。

でも我が家ではお盆は親族が集まるいいきっかけになっています。きっかけがないと、なかなか姉妹全員が集まれないし、両親ももう年ですし、孫が来るのがやっぱりうれしいみたいです。うちには子供がいないので、うるさいチビ共(小低学年と保育園)の中にダンナがいなければいけないのがかわいそうですが・・・

さて、明日もチビの子守り&くるみのお世話と大忙しです。お盆休みが終わる頃には疲れて、仕事に行くのがしんどくなるのだろうなぁ。帰省している人もそんな感じですよね。みんな、何のために休んでいるのだか

くるみさんもダンナの実家で大騒ぎしてきた為、もうねむねむです
posted by Rena at 22:33| Comment(0) | 雑記