2011年09月22日

新ミキサー

日曜日が32度で暑かったのに、その後は19度しか上がらず、とても寒い日が続いています。せっかく治りかけてたのに、この気温差でまた扁桃炎にやられ、昨日はストーブを出そうかと思ったくらいです。

歳でしょうか・・・免疫力がなくなってきているような気がします。考えるとマイナスになりそう。

実は先月のお盆頃にふと思い立って、毎朝フルーツ&野菜ジュースを飲もうと決めました。

きっかけとなったのは、「朝ジュースダイエット」という本を見かけたことなのですが、ダイエットには興味がないので、免疫力のUPを目的として。

図書館でいろいろなジュースの本を借りて、一番私に合っていたのがこの本。

あまり手に入らないような野菜や果物。手のかかる材料だと、毎朝というのは苦痛になります。でもこの本は一般的な材料だし、とても参考になりました。ただある程度、覚えてしまうと本を見ないで自分の適当な量でも作れるので本当に基礎知識をつけるのに良い本。 

フルーツは嫌いではないのですが、子供もいないし、なかなか皮をむいて食べるということをしなかったのです。
偏食もあるのかな?!と思い、頑張ってみることにしました。

10年くらい眠っていた安いミキサーを使っていたのですが、さすがに古いので劣化をしてきて使えなくなり、このチャレンジ?!の途中で、真剣に続けるのだったらとダンナがちょっと高いミキサーを買ってくれました。

110921~01.JPG

  

  

110921~02.JPG

  

  

ミキサーって本当にピンキリの値段ですよね。電気屋さんで現物を見たり、ネットで口コミを調べたりして、パナか象印か悩んで洗いやすさで象印に決めました。

ミキサーは手入れが面倒だと使わなくなる。これは刃の部分とガラスの部分が簡単にはずせるので洗うのが簡単。今までは安いのだったので氷はミキサーにかけられなかったけど、これは氷も出来るのでスムージーも簡単。

それから毎朝、朝食前に必ずジュースを飲んでいます。もちろんダンナもつき合わされています。


大体、メインがバナナになるのですが、いろいろな果物が冷凍庫や冷蔵庫に入っているようになりました。
豆乳かヨーグルトを入れて、2〜3種類の果物や野菜を使って作っています。

110921~03.JPG

ジュースにすると果物数個があっという間にも飲めるのでおすすめです。「りんご1個やバナナ1本を食べろ」と言われるとお腹がいっぱいになる。でもジュースだと2杯でちょうど良いくらいになります。  

先日はセロリを2本とリンゴ、グレープフルーツを入れたら、青臭いと言われました。

セロリや緑の野菜は青汁のようになり要注意です。

110921~04.JPG

でも風邪をひくなんて、免疫力がついていないようです(泣)若い頃は風邪なんてあまりひかなかったのですけど・・・ 今月はまるまる1か月風邪ひきさんになりそう。

まぁ、そんな急に体質は変わらないでしょうが。

110921~05.JPG

で、一番喜んでいるのはくるみさんです(*^_^*)  ↑  パパから最後のペロペロをさせてもらっています。

2011年06月09日

スパイスカレー

図書館から美味しんぼ24巻「カレー勝負」を借りてきたら、ダンナとカレーが食べたくなり、スパイスから作っちゃいました。

この「カレー勝負」はおもしろいです。

カレー粉とは何ぞや?!から始まって、インド、スリランカに行ってカレー粉のルーツを探るというものですが、これを読むとスパイスカレーを作りたくなりますよ。

私はこの二国は行ったことがありませんが、ペナンに行った時にメチャクチャ辛いカレーを食べました。

「日本人には無理だよ」と言われながらトライしましたが、辛すぎて完食は無理でした。

ペナンもタイ寄りかな。

インドはヨーグルト。スリランカ、タイなどはココナッツミルクらしいです。

最近はタイのグリーンカレーが好きで、カレーといえば我が家はグリーンカレーばかりだったのですが、いつも買っていたココナッツミルクが手に入らなくて、違うお店で買って作ったら味が違う。材料が1つ違うだけでも味が変わってしまうんだなと勉強したばかりでした。

で、美味しんぼに出てくるスパイスはとても日本では全部揃えられないので、基本になっているようなもの6種と、ガラムマサラを使って作りました。なので、本ほどインドカレーには近くはないだろうけど、スパイスカレーというのは堪能できました。

110609~01.JPG

クミン、ターメリック、カルダモン、コリアンダー、ジンジャー、レッドパッパーを混ぜたものです。

110609~02.JPG

あとは入れる素材と、ヨーグルト、トマト缶でOK。

私は鶏ももと玉ねぎのみ。

とても簡単だし、家計にも優しい。

110609~03.JPG

こんな感じです。

とろみの成分は入っていませんが、とろーりとしたカレー。

ダンナ曰く、「このカレーを食べ始めると、カレールーのカレーは食べられなくなる」と言ってます。

確かに添加物もないし、化学調味料も使わない。薬膳みたい。

ただ子供はどうかなぁ・・・今度、甥っ子、姪っ子で試してみよう。

確かにカレールーを使わなくなりました。スーパーの特売で買ったのが残っているんだけど・・・

量も2人分ちょっと(本当は4人分だけど、ダンナが結構食べるので)だからちょうどいいし、夏にはとってもいいかも。体にも良さそうだしね。

スパイスが苦手じゃないという人は、是非試してみてください。

2011年05月29日

たこの旬とは

最近はいろいろな食材が年中手に入るようになっているので、私にはイマイチ旬というのがわからなくなっきています。



先日、関連会社の社長が仕事の合間に榊を野菜直売所に買いに行った時のこと。
たこが袋に入れられて、沢山つり下げられて売られていたそうです。

「たこは今が旬か?沢山あったぞ。冷蔵庫に入れないで売っていて大丈夫か?!」
と帰ってきました。

何だかわかりませんが、その後その会社のおじさんと、社長と私とでたこの話になり、思い立ったらすぐ行動の社長が「よし、たこを買いに行くぞー」とたこを買いに行くことになりました。
(ちなみに私は就業時間終了間際。その社長とおじさんはまだまだ仕事中。そんなことを突っ込んでみましたが、全く気にしない・・・( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ)

それがコレです。

110529~01.JPG


お店に行って聞いたら、岩船産のその日の朝水揚げされ、すぐ茹でたたこだそうです。
二人は奥さんに電話をして、ついでにその日のご飯の材料の山菜やら野菜を沢山買ってました。

男性、しかも60歳以上の人たちが真剣に考えながら、野菜を買っている姿に私は笑ってしまいました。



3人でどんな風にして食べる?!とまた談義していましたが、我が家は酢味噌和えにしました。

110529~02.JPG



とれたてだからか柔らかい〜とダンナと話して食べていましたが、よく調べてみると、
【春から秋にかけて真蛸は産卵期で身が軟らかく、卵に栄養を取られ薄味になり、寒い季節の真蛸は、卵に栄養を取られず身が硬く、濃い味なる】とのことでした。

関西、関東でも好みが違うらしいですが。

本当にスーパーの固めのたことは違い、マリネや酢の物が合うたこでした。
サラダでも良かったかも。

たっぷり作った和え物が二人で完食でした。
また買おっと。

2010年09月06日

ペアで作るフレンチカフェごはん

ダンナとタイトルのような一日料理講座に行ってきました。

8組のペア(たまたま全部ご夫婦でした)が参加して、とっても楽しかったです。一人や友達とペアでとかは参加をしたことがありますが、この男女ペアという企画は初めての試みだそうです。
久々の夫婦共同作業という感じで、もう必死で楽しかった〜(笑)

こちらの料理講座は地元食材にこだわっているので、出来るだけ新潟産のものを先生が揃えてくださるそうです。

100906.jpg

1番上はサラダの材料

2番目は地鶏のテリーヌ

フォカッチャ

その下が出来たものなのですが、うちのはタルタルソースがたっぷりできて、これはシチュー?!ホワイトカレー?!状態になってしまいました。テリーヌが見えません。
あとグラスが桃とヨーグルトのスープ。

フォカッチャもオーブンが途中で止まるというハプニングつきで、あまり色がつかず・・・一番右のきれいな色のものが先生の焼いたので、うちの班は先生のを頂きました(もちろん自分たちのも食べました)

ドレッシングも手作り。
ダンナもとっても楽しんでいたようです。特にフォカッチャ作りがね(*^_^*)

ドレッシングやタルタルソースを作るとオイルの量にビックリするのですよね。それだけでお腹がいっぱいになってしまう。さすがにダンナもバター、オイルの量を見て、「この生活は毎日できないな」と言ってました。


一番下の写真はせっかく習ったのだからと、夜ご飯にダンナがマヨネーズを作ったのですが、トロっとならずマヨネーズというか卵ソースになっていました。

同じテーブルの奥さんなんて、卵を割って黄身と白身に分けるのがあったのですが、私が殻でやっているのを見て「あれ、私、できなーい。やってやって」とダンナさんにお願いしていました。夫婦の距離も縮まったことでしょう(笑)
「私も言おうかなーと思った」とダンナに言ったら「殴る」って言われましたが・・・

やったことのないダンナさんは時々作った方がいいですよー。
フォカッチャ、楽しいです。パンをコネコネがすごく楽しい。今の時期はすぐに醗酵してくれますしね。
ご夫婦一緒にパンを作るのもいいですよ(*^_^*)

2009年07月23日

やっと梅干し

今日はすっきり晴れました。
やっと梅干し第一回目をしました。

090723~01.jpg

明日から雨みたいだし、仕事もあるのでまた晴れた日を見つけて干すかたちとなります。
手前のが実家の青梅。向こうのが南高梅。
5kgを干すのはちょっと大変。ちまちま干すことになるので一苦労です。

私は紫蘇を入れず干し、干し終わった最後に紫蘇を入れて漬けます。
すでに梅干がなくてスーパーで何度も買っているので早くできてほしい。

自分で漬けた梅干を食べるのはまた格別です。
さて5日間くらい頑張って干します。
posted by Rena at 11:39| Comment(2) | 料理・パン・お菓子作り

2009年06月26日

梅干作り方・あく抜きの話

昨日、実家から梅をもらってきました。
この件に関してはまた後で書こうと思いますが、梅干の作り方を母と話していて、地方、その人によりいろいろな作り方があるんだなとあらためて思いました。

梅干作りを知っている人は読み流しちゃってください。

ネットを見ていると初めて作るのに、すごい神経質になっている人もいますが、「そんな神経質にならなくても大丈夫です」と教えてあげたい。

1つの正解しかないわけではないのです。
母と私だって違うし・・・
母は農家の人のやり方。私はそれをアレンジした自分のやり方。


li_rainbow1.gif


「梅のあく抜き」

よく梅を水に浸けて「あく抜き」を一晩なんて書いてあるけど、一晩・・・何時間?!って考えると思います。
「完熟梅を一晩あく抜き」(←私はこれは間違いだと思うよ)なんて書いてあるところもあるけど、
しなくていいです。
する必要もないけど、しても1時間とか・・・か

完熟梅はあく抜きの必要ありません。
あく抜きなんかすると茶色に変色してやわらかくなりすぎます。

緑の梅(青梅)は水に浸けて渋みなどをとるためにあく抜きをした方がいいと思います。
でもこれも一晩と書いてあるところもありますが、一晩すると変色するものもあります。大丈夫なものもあります。
3〜4時間がいいのでしょうか・・・これも正解はありません。
ちなみに母は青梅をあく抜きしません。洗って、へたを取って、拭いてそのまま塩漬けします。それでも不味くないですよ。
要は「カン」というかその人それぞれってことです。

私は緑の梅(青梅)は(木から採ってから)2〜3日くらい放置します。黄色(完熟)に近づけたいため・・・でも放置しすぎると腐ったり、傷みます。
これは買ってきた梅ではいつ採ったかわかりません。状況をみて判断しなければいけません。

li_rainbow1.gif


「茶色になった梅」

「その部分を取ってシロップを作りました」、「ジャムにしました」ってあるけど、大丈夫です。
多少、茶色になっても問題なく梅干になります。ただ南高梅のような完熟梅は茶色になった時点でかなりやわらかくなっているし、減塩にするとカビやすいかもしれませんね。
でも私は35%の焼酎と、塩20%で茶色になった梅でもカビたことはありません。

青梅があく抜きしすぎでちょっと茶になったのなら、全然問題なしです。
「あく抜きで失敗した〜」って神経質になる必要は全然ありません。

ただ容器、環境、気温、塩分によっても梅干のできが変わってきますので、一度失敗しても自分なりの梅干作りを見つけていってほしいです。

気楽に梅干作りをLet's Try です。

あくまでも自己責任でよろしくね。

li_rainbow1.gif



梅干作りをしていると思い出すのですが、
私は梅干が大好きで、バンクーバーにいる時に真剣に梅を探しました。台湾人の友達とチャイナタウンにまで探しに行って梅を入手しようと頑張ったのだけどなかったです。

梅干は日本食のスーパーにあるのです。でも高いのです。
韓国の人たちがみんな自分たちでキムチを作っていたので、私も梅干を作るぞ!!と探したのだけど、結局肝心な梅が見つからずダメだった。そんなくだらないことでも、今思い出すと笑っちゃいます。
梅干作りと漬物作り、お雑煮って日本の文化のような気がする。

最近、ふっと笹団子を作りたいなと思って母に言ってみたら、「今は粉が売っているじゃない」とあっさり言われてしまった。
そう、ヨモギを使わなくても笹団子用の粉なんかがスーパーで売っているんです。便利な世の中になったものだ・・・

と、いうことで進行状況はまた続きで。
posted by Rena at 14:05| Comment(0) | 料理・パン・お菓子作り

2009年06月21日

梅干作り・第一弾

スーパーでいい色合いの梅を見つけたので買って来ました。
南高梅1kg。

090621.JPG

昨年は2kgで足りなかったので、今年は3kg漬けるつもり。
これは赤紫蘇を入れずに白梅干にする予定です。
2Lなのでとても大きい。我が家は夫婦で梅干好きなので、こんな大きなの1kgじゃ、すぐになくなってしまうでしょう。

あとの梅は両親からお誘いがあったので実家に採りに行ってきます。ウチの梅?!か農家の人の梅か・・・「直接、木から採りに来い」との命でした。

梅干作りはちょっと手間がかかるけど、出来た時がとってもうれしい。出来ていく過程を見ているととっても楽しい。
おいしい梅干ができるように・・・
くるみに邪魔をされないように・・・
気をつけて頑張りたいと思います。
posted by Rena at 20:05| Comment(0) | 料理・パン・お菓子作り

2008年11月17日

悔しさをバネに

ふにゃ〜、悔しい〜。
先日、農林水産省が地元食材を楽しむレシピコンテストを募集していました。

おもしろそうと一生懸命考えて4点くらい応募してみたのです。
そしたら「2点の料理が最終選考に残りました」という連絡が来ていて、入ったらいいなぁと思っていましたがダメでした。
その時点でもし入賞したら契約がどーたらこーたらという話が来ていたので、なお更緊張しちゃったのです。

11月の初旬には残念でしたという結果は来ていたのですが、今、発表を見つけてあらためて悔しいなぁという思いが込み上げてきました。
最終選考に何点が残ったのかはわかりませんが、2点選ばれただけでも自分ではかなりドキドキ緊張だったんですよねぇ。

やっぱりプロの人に評価されるってうれしいですよね。
一度くらいは評価されてみたいな。

ダンナは「いろいろ反省点をまとめて次に繋げろ」というのですが、何をどう反省して次に向かえばいいのか・・・それが何でも伸びない私の欠点なのかなぁ。
posted by Rena at 18:04| Comment(0) | 料理・パン・お菓子作り

2008年10月28日

メロンパン

今朝、初めてメロンパンを焼きました。
081028.jpg

ホームベーカリーを途中まで使い、上のビスケット生地をかぶせてオーブンで焼く。

これはちょっと焼きすぎ。
と、6個一緒に形成から焼きまで一緒にやったら、狭くてくっついてしまい、離したら不恰好になってしまいました。

ま、でもちゃんとメロンパンでした。
焼いてすぐ食べたら、上のビスケット生地はサクサク、パンはすごく柔らかい。
ダンナとペロッと食べちゃいました。

まだまだ見た目をきれいにするには練習をしないとダメですね。

あと、朝にぼーっとしながら作っていたので、とんでもない失敗をしてしまいました。

どうなるのかなぁと思ったけど、何の支障もなく出来たのでよしとしますが、
上のビスケットの生地はベーキングパウダーを入れなければいけないのに、イーストを入れてしまいました。
しかもちゃんと粉をふるっているのに、何の疑問ももたずそのまま。全然、こねている時に気がつかなくて、冷蔵庫で寝かしている時に気がつきました。でももう遅かったので、そのままイーストの生地で作りましたが、何も問題はなかったです。

パン作りに慣れている人はこんな間違いはしないでしょうね。
イヤ、私もお菓子作りの時にはイーストを入れようとは思いませんが、何だろう?!頭の中に「パンを作るんだ」と思っていたので、気がつかず入れてしまったのでしょうか・・・思い込みの間違いですね。

でも普通のメロンパンになってよかった。
間違ってみると何かが見えてきますね。

ネットで見るとスコーンを作るのに、ベーキングパウダーじゃなく、イーストで作ってみた(ちゃんと考えて)という人もいるし、料理は創作力から広がるんだなぁと。

今日の学習。
メロンパンのビスケット生地はイーストでも出来る!!
ということでした。
チャンチャン
posted by Rena at 15:57| Comment(0) | 料理・パン・お菓子作り

2008年10月24日

買ってもらいました

ダンナからホームベーカリーを買ってもらいました。
寒くなってきて醗酵に時間がかかるようになり、醗酵を待つのが面倒になってきていました。

近くの八百屋さんに発泡スチロールを頼んでいたのですが、それでも待つ時間が短縮されるだけだし。
「あ〜、欲しい」とダンナを説得して、前倒し誕生日プレゼントとして買ってもらいました。
081028.jpg

シンプルにパンのみの物です。
今は餅も出来るのがあるのですが、餅は面倒でやらないだろうなぁと考え、パンのみのナショナルで一番安いヤツ。
それでも交渉して、店頭価格よりちょっと安く。もちろんネット価格よりも安く。
交渉した価格がネットで出ている価格より安く、他店舗よりもずっと安かったので即買いでした。
いつも電気屋さんの交渉担当は私。

早速、明日の朝、起きる頃に焼けるようにタイマーセットしました。
便利ですね。
ダンナととっても便利だと感心していました。
明日は焼きたての食パン。

明日はダンナが「ピザを焼くぞ」と言ってます。
結構、はまりそう。
posted by Rena at 21:01| Comment(2) | 料理・パン・お菓子作り

2008年10月14日

初・食パンを焼きました

今日はお昼にパンを食べるために午前中からパンを作り始めました。
が、できたのは2時過ぎ。
結局、明日の朝用になってしまいました。

まだ手こねが苦手。
081014_387.jpg
この後、ちゃんとまとまるはずなのに、なかなかまとまってくれない。
打ち粉を出来るだけしないで作りたいけど、ちょっと打ち粉をしながらでないとどうにもこうにも・・・になってしまいます。
上手い人はこれでまとまるんですよね。

で、初めてこれだけ高さのあるものを焼いたので、オーブンも使い方を熟知していなくて、部分的に先に焼けちゃって。
081014_396.jpg
何事も練習ですが、このこねの練習にはちょっと不安だなあ。

ただでさえ、新潟はもう寒くて醗酵が遅くて時間がかかるのに。
今日も10時前から作り始めて、2回の醗酵で数時間かかったようなもの。
すぐ飽きないようにしなきゃ。

上手い人、又はパン屋に弟子入りしたいくらいパン及びスコーンなどにはまってます。
ダンナのダイエットには悪そうだけど。

あ、でもこのパンは、本当に自然のもの。
塩、砂糖もほんの少し。
く〜ちゃんにも食べさせてもいいくらい。

ダンナとちょっと出来たのをつまんだけど、食パンそのもの?!小麦粉?!の味でおいしかったです。

家の中がパンの匂いだらけ。
なかなか醗酵しないので、ラップをしてお風呂場も使ったので、お風呂場もかすかにパンの匂い。

ダンナはあまりパンの匂いが好きじゃないそうーな。(イースト菌の匂いかな)

作ったばかりで次は何を焼こうか考えています。
posted by Rena at 20:37| Comment(0) | 料理・パン・お菓子作り