2011年05月22日

ブラックスワン

ダンナとブラックスワンを観に行ってきました。

私はミュージカル、バレエなどの舞台好き。
ダンナは特に観ない。
が、今回は「口コミ?!評判が良さそうなので観に行かない?」とダンナが珍しくこの手の映画を観に行こうと言ってきました。

内容は完ぺき主義の優等生のバレリーナがブラックスワンの演技がなかなかできず、プレッシャーやストレスから精神を壊していくという話なのですが、それが現実とリンクしてホラー的な内容になっています。

とにかくナタリー・ポートマンがきれい。
演技も上手い。
ホワイトスワンのあの繊細な演技なんて素晴らしい。
精神を壊してブラックになっていく所も美しい。

あれは自分で踊っているの?!
オディールの見せ場の32回転・・・ホント?

結構ドキドキしますし、最後の「えっ?!」という終わり方もまあ期待を裏切らないというか、うまくまとまっていると思います。
舞台を観るのが好きな人にはおすすめだけど、あくまでもホラーです。
それを忘れずに・・・

余談ですが、ウィノナ・ライダーが最近ちょっとキレた?!クレイジーっぽい役ばかり。
どうしてだろう。ちょっと気になる。
この中でも引退間際に車に飛び込むというバレリーナの役でした。
上手いし、はまり役なので何の問題もないですが、ね。


2009年07月16日

ハリーポッター 謎のプリンス

昨年の11月公開が延びて、7月15日公開になりました。(始めは19日だったのですよね。何故15日に?!)
もちろん我慢できなくて初日に観に行ってきました。

面白かったですよ。
ダンナも満足。

ネタばれしないように書きます。

上手くまとまっていたと思います。
2時間半くらいにまとめると、あんな感じにしないと時間が足りないのでしょうね。

原作を読んでいる人はやっぱりちょっと端折られているかなと思うでしょう。私は結構、この6作目の原作が特に好きなので、さすがにそれ全部を忠実には再現できていないのが悲しかった。
「ダンナに時間を考えると仕方ないわな」と散々言われました。

7作目にもっていくのに必要な部分を表現して、適度な時間にまとめていたとは思います。
2時間半が長いとも感じない位、ストーリーもきちんとまとめていたし。

ただ、今までは一話完結の話とでも観れましたが、今回はあきらかに前作「不死鳥〜」から最終話「死の秘宝」に続けるための中継ぎの話になっているかなって感じ。

今回のテーマは「恋愛」
とにかく主人公たちの恋愛がテーマです。
観ながら若いっていいなぁ・・・と思いました。

あと、子供のトム・リドルを演じているヒーロー・ファインズ・ティフィンの眼力がすごい。この子はヴォルデモードをやっているレイフ・ファインズの甥っ子さんなのですが、美形なのもあるのでしょうが、トム・リドルの冷たい、感情のない役をよくこなしていました。すごいはまり役に感じました。

さて、次ぎは2部作になる「死の秘宝」
前編は来年11月公開予定です。
楽しみ!!
posted by Rena at 19:24| Comment(0) | 映画・テレビ・音楽など

2009年02月13日

高橋留美子展

3月から新潟市美術館で始まる高橋留美子展にあわせて、今日から「うる星やつら」の再放送が始まりましたよ。

昔のアニメって再放送が始まると何気に見てしまう。
「母をたずねて三千里」を偶然見つけて見ていたら、ダンナがエンディングテーマに反応してやってきた。
よく曲を聞いてわかるよなぁと感心しました。

何となく子供の頃に戻りたいと思う今日この頃・・・
posted by Rena at 15:35| Comment(0) | 映画・テレビ・音楽など

2008年12月22日

地球が静止する日(The Day the Earth Stood Still)

また現実逃避しました。

先日、キアヌの主演映画「地球が静止する日」を見てきました。
感想・・・
キアヌは見ているだけでカッコいい。
それだけ。

私たち夫婦の感想。
どうしてこれがお正月映画なんだろう・・・
これから見る人のために内容は書きません。
私は不完全燃焼でした。
特にラスト。
???
矛盾が多すぎるというか、つっこみたい映画です。

でもキアヌがカッコいいからいいかぁ。

あまりにも不完全燃焼だったため、家に帰ってきてからアメリカの評判を調べて見ました。
公開週(12月12日)は1位。
先週末は4位に下がっちゃってました。

アメリカは沢山の映画が公開されて羨ましいです。
先週の1位はジム・キャリーの新しい映画でした。

で、「地球が静止する日」の評判。
A〜FのランクでC評価。
評論家はC-、YahooのユーザーはC+とどちらも真ん中くらい。
ただユーザーの評価がA〜Fと様々で笑っちゃいました。
Aの人で「すごくおもしろい」って人もいるし。

よく調べてみると、1951年にオリジナルが公開されていたのですが、これは結構評価されたみたいです。
「地球が静止する日」〜1951年版(翻訳wikなので日本語が変です)

何となく悶々としていたのですが、次の日にテレビでマトリックスをやっていたのでそれを見てとりあえず忘れる事にしました。

いや〜、マトリックスのキアヌもカッコいいっす。
連日のすごい現実逃避。
あまりにもキアヌばかりでダンナは呆れていますが、私のキアヌ好きは年季が入ってますから夢にも出てきちゃいましたよ(汗)
posted by Rena at 21:57| Comment(0) | 映画・テレビ・音楽など

2008年11月07日

久々にCD購入

秋は食欲、読書、音楽です。
10、11月といつも買っているアーティストのCDが発売になったので購入しました。

杉山さんは声がいい。
昨日もベッドの上でこれを聞いていたのですが、心地いい。
オリジナルもやっぱりまだまだ好きですが、この洋楽カバーは絶品です。
【収録曲】
1. All By Myself
2. Alone Again(Naturally)
3. How Deep Is Your Love
4. A Song For You
5. Every Breath You Take
6. I Just Wanna Stop
7. You`ve Got A Friend
8. Baby Come Back
9. Stairway To Heaven
10. Bridge Over Troubled Water

元々、私はイーグルスやドゥービーブラザーズなどウエストコーストサウンドが好きなので、杉山さんの声でこういうカバーをやられるとたまらない。
ちょっと私より上の年代の音楽なので、リアルタイムじゃない分深くは語れないのですが。

このアルバム、プロデュースは音楽プロデューサーの千住明氏。
妹はバイオリンの千住真理子さんですね。
さすがに杉山さんが売れてからのファンので後で知ったのですが、アマチュアの頃一緒にバンドを組んでいたらしいです。
世の中の縁っていろいろありますね。

           

           
今の音楽は嫌いじゃないけど、これ!!って私の好みのがないなぁ。それが年をとったということなのでしょうか。

ダンナはどっちかというと女性ボーカルの方が好みなので、平原綾香ややっぱりサラを聞いています。

           


このサラのクリスマスアルバム。
フジテレビのとくだねで小倉さんがいいと言っていたので即行で買いに行きました。最近はサラのアルバムはずっと買っていたのですが。
ダンナが特にサラが好きです。ダンナの両親も好きです。
私はやっぱりミュージカルの印象が強くて、ミュージカル音楽を歌っているサラが好きです。

やっぱりサラの声がきれい。クリスマスに合う声だし、何か神聖さを感じさせる。賛美歌からポップスまであるし完成度は高いと思います。

最近、今さらながらですが、「のだめカンタービレ」にはまっていて、クラシック番組を何となく見たりしていたので、久しぶりのポップスかな。
またこの件は後で。
posted by Rena at 10:31| Comment(0) | 映画・テレビ・音楽など