2009年10月14日

パプリカが元気です

毎日寒くなってきているのに、我が家のパプリカがまだまだ元気です。

日々、色が変わっていってます。ただ気温が低くなってきたので、今は花が咲くのは珍しく、小さい実も必死で大きくなっているという感じ。

大きく成長したものだけが変色に勤しんでいるという状態です。

黄色がなかなか変わらない。オレンジが早く変わるのに、黄色は1個全体が変わるまでに時間がかかります。太陽の当たり具合でしょうか・・・

091013.jpg

8月くらいで肥料をやめ、石灰だけをきちんとあげていたら、6〜7月に起こした尻ぐされは全く見られなくなりました。9月以降はまた気温が下がってくるため尻ぐされに注意していたのですが、今の実には全くなく、やはり定期的な石灰の散布は有効のようです。

ダンナのお義母さんもパプリカを育てていたようですが、「色が変わらない」と嘆いていました。

原因は・・・

単に収穫期間の勘違い。ピーマンのようにあっという間に採れると思っていたみたい。

緑のまま、しかもピーマンくらいの大きさのを収穫して持ってきたので、「パプリカは花が咲いてから収穫までは2ヶ月かかります」と教えてあげたらビックリして、「短気は私には向かない」と言ってました。

次の問題はパプリカをどう年越しさせるか・・・

多年木なので今年1年で終わらせるにはもったいないです。

ただ我が家に霜よけをする場所もないし、来月には雪が降り出すし、そろそろ考えないとです。

posted by Rena at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園

2009年08月30日

パプリカ収穫

ちょっと不思議な感じになっていますが、初めの実をあまり長くつけておくと木に負担がかかるため収穫しました。

初収穫うれしいな。

090830~01.jpg

090830~02.jpg

090830~03.jpg

今年の新潟は暑い日があったの?というくらい涼しかったような気がします。
なので、パプリカは大きくなっても色がなかなか変わらず。
花がついてから収穫まで2ヶ月は長いですねぇ。
待った待った。

緑の実もはじけそうなくらい、繊維が伸びきっている感じでしたので、1個は緑のまま収穫しました。

黄色も完全には変色していないけど収穫。
2色パプリカです。

他に5cm以上の実が6個、5cm以下の実が10個以上あるので、木の負担や栄養分のことを考え5個を選んで収穫しました。
天気がよくなってきてから快調だったので、パプリカは北国ではつらいらしいです。
通常の夏ならまだしも、今年は冷夏のよう・・・雨も多いし。今、花が咲いているのは10月末に収穫ですが、ここでは寒くて色は変わらないでしょう。たぶん

収穫したのは、まだ食べていません。
どうだろう?!やわらかいかなぁ・・・

オレンジが柿の色のようですね。ちょっと小さいから色が濃い感じです。
オレンジのヘタの上には虫にかじられた跡もあります。
これからも虫チェックはかかせません。
posted by Rena at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園

2009年08月25日

パプリカが色づいてきました

090825~02.JPG
これはオレンジ

090825~01.JPG
これは黄色

やっとパプリカが色づいてきました。
そしたら・・・緑のがまた1個虫にやられていました。

土を掘って探したけど見つからない。
葉をよく見ても見つからない。
とりあえず木酢液を薄めて散布し、次の日に見たら糞が一つ・・・
諦めず探しました。そしたらやっぱり土の中で睡眠中でした。土と同じ色なのでなかなか見つからなかっただけでした。
色のついたのを食べられたらショックですからね。

やっと晴天が続いているので、沢山実がついてきました。
で、気がついたこと。

6〜7月と花は沢山咲いていたのですが、結構落ちるものが多かったのです。地表温度が低かったのだと思いますが、今の花よりとっても小さい。

090825~03.JPG
これが今の花。
立派な花が咲いています。
今まではこれより一回りくらい小さい花でした。だから受粉しなかったりだったのですね。
たぶん


パプリカのプランター栽培で私が発見したこと。

1.プランターは大きくないとダメです。

私は今は野菜用のプランターにしたのですが、それまでは草丈が伸びませんでした。この野菜用プランターにしてからぐぐっと伸びました。(気温、天気の影響もあるとは思いますが)

090825~04.jpg

今のプランター。

090825~04.jpg

始めに使っていた花用プランター

土の量のかなり違ってくるし、根への肥料の影響も違うのでしょう。
枝物の野菜はプランターは大きい方がいいです。小さければせめて1本植えで。

もし途中で草丈が伸びない。もしかしてプランターが小さい?!と思ったら・・・

2.30cmくらいの木でしたら、気をつければ植え替えも可能です。(かなりきついけど)

私はダンナと2人がかりで土ごと植え替えました。
写真下のプランターから上のプランターへ、できるだけ土ごと移しました。
その後は写真のようにかなり成長し、実も大きくなり、尻腐れも起きなくなりました。

ただ尻腐れに関しては、タキイのカルシウムエキスを適当に葉面散布しているからかもしれませんが。

プランターが大きい方が夜盗虫が出た時に根元の土を掘り返し探すのも楽ですしね。

実が沢山ついてきたら虫との闘いです。とにかく食べられないように気をつけないと、実の中に入り実を落とされてしまいます。

虫に食べられてもそこを除けば食べられるのですが、私のように巣にされて中で糞やゼリー状のものを出され、気がつかない1〜2日のうちでコトっと実を下に落とされてしまうとそのままゴミ箱行きになってしまいます。

毎日、実をきちんと観察することが大切です。ちょっとでもかじられている所(よくヘタの部分をちょっとかじります)があれば虫探しをした方がいいです。
犠牲者(実)がでます。

さて、いつ我が家のパプリカは食べられるでしょう。
posted by Rena at 16:51| Comment(0) | 家庭菜園

2009年08月11日

パプリカ&トマトの栽培日記 

090811~01.JPG

パプリカがまた尻腐れました。
大きい実だし、尻腐れ部分がこの大きさから大きくなっていないので、しばらく様子を見ようと思っています。

とにかく気温が上がらない。
私は冷え性なので夜は涼しいです。昼でも家の中は涼しい。新潟はここ最近30度を超えません。しかも梅雨明けしたのに雨ばかりで、本当に8月かしら?!って気温です。
お風呂に入るころに鳥肌が立つのです。秋になり気温が低くなると、お風呂に入ると「ブルブルっ」ってなりますよね。あんな感じ。私が冷え性だからかもしれませんが、とっても異常気象です。

プランターの土の表面温度もあまり熱くなっていないことでしょう。
雨ばかりで野菜たちもしんなりしている感じです。

090811~02.JPG

1個以外は尻腐れもなく元気に育っています。でもまだしばらくは色も変わりそうもないので、今度は風が心配です。大きい実に風があたるとポキッといきそう。

パプリカは1個100g以上もある実をつけていて枝に気をつけてあげないと危険。
1本の木に3本の支柱を立ててあげているのですが、それでもこんな実が3つもなっていると枝の分かれ目が辛そうです。

090811~03.JPG

これが一番大きい実。それでも収穫できるのは今月末から9月になるのではと思っています。だから台風は来ないでね。

090811~04.JPG

ミニトマトのチャック果。ミニと中玉で2〜3個か出ています。オシベがくっついたまま成長するとなるみたいですね。
低温だとそうなりやすいのかな?!

090811~05.JPG

この大トマトも長いのです。かなりの間色が変わらず実割れを起こしてしまいました。1ヶ月前の風被害のあたりのものなので、この辺りに花の咲いた物はすべての成長が遅くなっている。始めのうちはかなり尻とがり果だったし、成長してからもずっとこのまま(緑)。やっと昨日くらいから赤くなり始めました。

うちは実割れは少ない方なのですが、ネットを見ていると雨で実割れすることはないと書いている人もいますが、長雨はしますよ。絶対。

今年の新潟は7月中旬〜8月にかけて晴れ間が少ない。しかも気温が低めで日照不足なこの地方。成長の遅い実は実割れをします。
やっぱり生きている野菜ですから、栽培環境でかなり変わってくると思います。

090811~061.jpg

090811~071.jpg

あと最近気になること。
実は沢山なるのですが、枝が伸びずぶどうのようになる。
雨で花も落ちやすい。
雨の日の次はとっても花が落ちていて悲しいです。

木はとっても成長しているのです。実のなる部分だけが伸びない。
肥料の配合か肥料過多といわれそうですが・・・肥料過多ではないと思う。窒素も気をつけてトマト専用の肥料にして、それでも窒素に関してとっても敏感になって選んでいる。肥料過多の時にでる葉の丸みもでないし、日照不足が原因なのかしら?!
これっと言えないのが、家庭菜園の難しさなのでしょうね。

実家の土壌栽培のきゅうりもついに枯れたそうです。
父曰く、「今年はなす、ピーマン、きゅうりがダメだぞ」とのことでした。
ゴーヤも成長が遅いらしいし。

今年は両実家の家庭菜園野菜もあてにはならないよう・・・寂しいです。

農家の人と話す機会があれば、いろいろ聞いてみたいと思っています。
posted by Rena at 10:43| Comment(2) | 家庭菜園

2009年08月06日

パプリカ、トマトが虫に食われた

パプリカが・・・
しかも尻腐れになっていなく、大きくなり始めたパプリカが虫にやられました。
朝起きたら木の下にコロンと落ちていました。

090801~01.JPG

ムッキーちっ(怒った顔)

090801~02.JPG

穴は計3個。小さいけど、その後虫探しをしても見つからない。
落ちたのだからしょうがない。開いてみるか・・・
と、いうことで実を割ってみました。

私みたいな虫嫌いにはつらいので、続きを読むの所に隠しておきます。嫌いな人は見ないでね。

ミニトマトもやられました。

090803.JPG

これは糞だけを残して逃走していたのですが、ちょうど次の日に新しいトマトに食いついている所を発見し、ゴミ箱行きとしました。

これは尻腐れのパプリカ。
尻腐れの部分を取るととてもキレイなピーマン状態。ピーマンより肉厚です。
なので野菜炒めとなりました。

090805.JPG

一つ問題が去って、また一つと問題が出てきます。
やっとパプリカが大きくなり始めたのに、虫ですからね。前日にいなくても、次の朝に穴が開いていることもありガッカリ。
この後はとりあえずなしですが、またバジルが違う虫にやられているっぽいのでパプリカ、トマトも気をつけないと・・・

そしてトマトはうどんこ病が発生を始めました。
今頃、何故?!

この先は虫画像ありです。
続きを読む
posted by Rena at 11:20| Comment(2) | 家庭菜園

2009年07月17日

またまたパプリカ尻腐れ

パプリカ3個発生。
もう過燐酸石灰だけではダメそうなので、カルシウム液をかってきました。
私のは200mlくらいの小さい物で498円(タキイのカルシウムエキス
とりあえずこれを葉に散布しました。

多分、敗因はプランターが小さい事。それに2つの苗を植えたのが間違いみたい。
野菜用のプランターに植えたトマトとの成長とあまりにも違って草丈が伸びない。草丈が小さいし、実の発達が遅い。それが尻腐れにつながるようです。

090717~01.jpg

わかったのが写真のこの黒い部分が尻腐れに変わるってこと。
パプリカは緑から黒っぽい色、または茶から黄色や赤などの色に変わるので、その黒?!と思ったけど、こんな小さい3〜5cmで変色するわけなかったです。

先回も今回もこの黒い筋が入ってきて(しかも急に・・・朝になくても夕方にあるとか短時間でできます)、尻腐れが発生しました。

090717~02.jpg


090717~03.jpg

大きくなり始めた頃にダメになるとすごく悲しい・・・
今度こそと、また石灰も追加し、カルシウムエキスも散布して様子を見ています。

トマトは元気で好調です。

090717.jpg

ミニ、中玉トマトは脇芽も沢山出てきて花も咲いています。
大玉トマトは房に2個くらいが限度なのですが、それでも頑張っています。

プランター菜園はミニ、中玉トマトがいいようです。

 
posted by Rena at 21:44| Comment(2) | 家庭菜園

2009年07月10日

家庭菜園の風被害&尻腐れ病

パプリカの尻腐れ

090710-01.JPG

やっぱりダメそうだったので、早めに採ってしまいました。せっかくここまで大きくなったのに残念。しかも一番大きくなっている物3個。さらに石灰を追加しましたが、また出ないか不安です。パプリカは花が咲いてから実が採れるまで2ヶ月もかかるためドキドキが長いです。花が咲いたと思ったら次の日に落ちていたり、小さい実がなったと思ったら落ちていたり、大きくなってきたと思っていたら尻腐れたり。
悲しいです。
ちゃんと実が採れるのでしょうか。


ここ数日の強風でやられたきゅうり。

090710-02.JPG

トマト

090710-03.JPG

完全に葉が折れています。幸いトマトは葉だけなのでなんとかなりそうですが、きゅうりはうどんこ病のこともあって、ダメそうだったので断念しました。
結局、6本しか採取できませんでした。
プランターじゃ、ダメなのでしょうか・・・

同じ土で連作したことや、我が家が風が強い、私が不慣れだったというのが原因でしょう。
とても残念。

アイスプラントには花が咲きました。
白い小さい花。夕方にはちゃんと閉じていました。

090710-04.JPG


最近、すっかり観賞用になっているアイスプラントです。
posted by Rena at 21:19| Comment(0) | 家庭菜園

2009年07月06日

家庭菜園は難しい

どなたか栽培に詳しい方がいたら教えてください。

ちょっと前まで順調だった家庭菜園。
ここ最近、野菜たちに異変が・・・
今までミニトマトだけだったので、全然苦労をしなかったけど、今年は四苦八苦。

まず、
大玉トマト
新芽が6月末から黄緑になり、肥料切れ?!、トマト黄化葉巻病?!とずっと悩んでいました。固形肥料をちゃんとあげているし、液肥もちゃんと等間隔であげていました。
真剣にトマト黄化葉巻病かしら?!とビクビクしていましたが、萎縮しないし、葉も巻き込まないし、やっぱり肥料切れでしょうか?

090630~01.jpg

090630~02.jpg

ちょっとずつよくはなってきています。ちゃんとトマト専用の肥料だし、トマトは肥料食いだからというのはネットで書いてあったので、この前にあたりから1〜2週間に1度、ハイポネックスを1週間に1度ちゃんと希釈してあげていたのですが、それでもダメなのでしょうか・・・
6月末から花も咲かず、散った所の実も大きくならずでした。
090706~01.jpg

今は写真の通り緑も復活してきましたが、まだ生えてくる新芽は黄緑気味。かなり固形肥料をあげたの(自分では十分でしょという位)ですが、雨が少ない(水はきちんとあげています)のも肥料が土に滲みない原因でしょうか。
090706~02.jpg

そしてミニトマト
一部、葉が枯れています。下から枯れるのはいいのですが、下の葉も一部で、一部は元気です。部分的に枯れているという感じです。それも写真の手前側が枯れている感じ。これもトマト黄化葉巻病?!って不安になりましたが、新芽は若干黄緑なだけであとは元気なので違うでしょうね。
でも不思議です。
090706~03mini.jpg


パプリカ
これは尻腐れ病ですか?
これは朝まで何でもありませんでした。お昼過ぎに見たらこうなっていました。一気になったという感じです。
090706~04pa.JPG

これは少しずつ茶色になっていきました。何日もかけて。
上と下の物ではちょっと違うような感じがするのですが、茶色になってきているので尻腐れ?!って勝手に思ったのですが、どうなのでしょう?

090706~05pa.JPG

これが始めの方になった大玉トマト。これが小さい頃、やっぱり尻腐れが2個出たので小さいうちに採ってしまいました。その後、6月末くらいにこんな感じになりました。でも下の黒い部分が大きくなっていないので、赤くなるのを待ってその部分だけ切って食べようと思っています。でも他の中玉トマトやミニトマトが赤くなるのに、大玉トマトは全然赤くなりません。

090706~06to.JPG

石灰もたっぷりあげているし、何か注意など知っている方がいたら教えてほしいです。
せっかく頑張って育てているのに、野菜たちに異変が起きると悲しいですよね。
もっと気楽にやればいいのでしょうが、くるみと私は小心者なので野菜がおかしくなるとドキドキしちゃいます(笑)

今日まで梅雨に入っているのに、雨が少ないとは思います。でもきちんと朝晩水もあげているし、色々気をつけているとは思うのです。
それでもなかなか上手くいかない。
農家の人の苦労や、ありがたさを感じます。
posted by Rena at 15:33| Comment(0) | 家庭菜園

2009年06月20日

栽培日記(その2)

野菜を植え始めてから1ヶ月ちょっとがたちました。

順調に育ってはいますが、今年初めての大きいトマト、パプリカ、きゅうりにちょっと泣かされました。

と、言ってもネットでとても苦労している人たちより全然泣くほどではないと思うのですが、何せ初めてなものでとっても勉強になってます。

090620~01.JPG
一番元気なのがアイスプラント。
これは虫もつかずとっても青々としていて、食べてもシャキシャキ。豊作すぎて、ダンナの家に持って行って食べてもらったりしています。1株がこんなに増えました。これは前日につんだばかりなので、プランターに納まっていますが、次々と新芽が出てきます。

一番困ったのがこのきゅうりの「うどんこ病」
090620~031.jpg

ネットで見てしばらく酢を薄めたものを吹き付けて様子を見ましたがダメでした。
今年は今現在、雨が少ないのもあるのでしょうが、次々ときゅうりの葉っぱにのみ移ってしまったので、しょうがなくホームセンターへ薬を買いに行きました。

真剣に悩んでいたらホームセンターの人?!かメーカーの人に声をかけられ薦められたのがベニカマイルド。蜂蜜の成分で出来ていてペットがいても大丈夫だと言われたので買ってきました。
まだ1回しか吹き付けていないので効果はどうかな。まだちょっと広がっているような感じだけど、完全にカビの飛散を抑えられるだろうか・・・

090620~08.JPG
でも実は少しずつ大きくなってきています。これはミニきゅうりなのでもうちょっとだけ大きくなるのかなぁ。

パプリカは
090620~04.JPG
花も沢山ついてきました。
始めのうちはアブラムシがすごかった。でも根気よく朝晩プチプチと退治していたら、今はほとんど見なくなりました。
この花が全部実になったら万歳なのですが、さてどうでしょう。

そしてトマト
090620~05.JPG

090620~06.JPG

090620~07.JPG

元気は元気なのですが、昨年はミニトマトしか植えなかったので病気にもならずとっても手がかからなかったのですが、今年の中、大型トマトは2個ずつ尻腐れ病になってしまいました。

これも知らなかったので、なってからネットで調べて慌てました。
2個ずつ以外は大丈夫だったので、過燐酸石灰を買ってきて追肥。これもまだ今週の話なので、その後の様子見です。
肥料が多かったわけでも、水が少なかったわけでもないと思うのですが、原因はなんだろう。
単純にカルシウム不足だとは思うけど、ちゃんとトマト用の肥料をあげていたのでちょっと納得いかない。ま、それが生き物ってことでしょうね。

自分でこうやって作っていると農家の人の苦労がわかります。
こんな小さい物でもこんなに手がかかるんだって、毎日実感しています。

収穫が楽しみだわ。
posted by Rena at 14:35| Comment(0) | 家庭菜園

2009年05月06日

栽培日記(その1)

昨日はホーム連続3試合大変なことになったので、今日はゆったりと家庭菜園作りをしました。

いつもは花も一緒に植えるのですが、今年は不景気のため生産性のある野菜のみ。

一応、トマトときゅうりの横にコンパニオンプランツとして、バジルとオレガノの種を植えました。バジルはともかく、オレガノは種が小さいので雑草か芽かわからなくなりそう。
本当は別の所で芽を出させて間引きして植えるべきなのでしょうが面倒くさくて、そのまま植えちゃいました。苗1個と種1袋が同じ値段なので迷わず種栽培を選びました。

以前、レモンバーム、レモングラスを東京のアパートで育てた時に種で結構芽が出たので大丈夫だろうと考えたのですが、さてどうでしょう。
ハーブのみは以前に何度も栽培していますが、ハーブと何かを混植えしたことがないので微妙に不安です。

090506~01.JPG
パプリカ(黄色、オレンジ)

090506~02.JPG
パプリカの黄色の方真ん中に小さい蕾が見えています。

090506~03.JPG
きゅうり(リル)

090506~04.JPG
トマト3種
(ミニ、桃太郎ファイト(大玉)、フルティカ(中玉))

090506~05.JPG
フルティカにはすでに花が2輪咲いています。

090506~06.JPG
今、流行?!のアイスプラント

これをテレビで見てから食べてみたくて仕方がなかったのですが、まだこの辺りでは売っていなかったので諦めていたら、苗を見つけました。
新し物好きの私は早速購入。
横に伸びていくみたいです。ポトスのような感じでしょうか。
まだ新し物好きが育て始めたばかりなので、栽培に関してあまり情報が載っていないですね。

プチプチ新食感。塩味の野菜。くらいの情報なので収穫が楽しみです。植える土壌によっても少し味が変わってくるらしいし。

あとの足りない野菜はダンナと私の両実家に任せて、これらを育てて夏はおいしい採りたて野菜が食べれるように頑張ります。

くるみのトマトはどのくらい出来るかな(*^_^*)
posted by Rena at 15:33| Comment(2) | 家庭菜園