2011年06月26日

HDDまるごと抹消

先日、パソコンが壊れたと書きましたが、リカバリーをしたらとりあえず立ち上がるようになりました。

買った所では動けば下取りをしてくれるということだったので、下取りに出す前にHDDの中をきれいに消さないと個人情報が心配だと思い、Soft Bank SELECTION BBソフトサービスが出している「HDDまるごと抹消」というのを買ってきました。 1,980円で一番安かったし、売れていたし。

ダンナにはもったいないと言われて・・・

そして、よくよく見てみると私のパソコンにはデータ抹消の機能がついていて・・・

ということで無駄だったらしいのですが、リカバリーをしてもデータは復元できるし怖いし、せっかく買ってきたので「やる!!」とやってみました。

少しこのことで、私もダンナも戸惑ったことがあったので、やる人がいて参考になればと思い書いておきます。

マニュアルにも詳しく書いていないし、ネットで探しても同じ状況になっている人が沢山いて解決した人としない人も。

私と同じことで悩んだ人のために。

lin_ajisai03.giflin_ajisai02.gif

この「HDDまるごと抹消」はOSに依存しないので、HDDが壊れていてもデータの抹消が出来るのです。まぁ、HDD抹消ソフトは全部そんな感じみたいですが。

ソフトはウィンドウズの起動前のBIOS設定でCDまたはDVDドライブを選択して起動します。

その後はソフトのマニュアル通りに進めていけばOKです。

で、その後、

まだウィンドウズを入れたい(OSを元通りにしたい)場合。

普通にリカバリーをするやり方でやると、リカバリーソフトのインストールが終わっても「This HDD was erased」となったままで起動できません。

これはHDDをまるごと抹消するので、パソコンのリカバリー領域まで抹消されていて、簡単にいうとどこにリカバリーソフトが入っていいのかわからない状態になるためです。

これに思いつくまであれー?!と2度くらいリカバリーしました。その度にパソコンは立ち上がらず「This HDD was erased」。

「HDDまるごと抹消」マニュアルには載っていないし、Q&Aで

Q:データ消去後にハードディスクを再度使用することはできますか?

A:可能です。ただし、ハードディスクのフォーマットを行う必要があります。

のみ。

すごく詳しい人はこれでわかるのかもしれませんが、我が家はわからなかった。

うちは二人共まあまあパソコンは詳しい方だと思います。でも、それでも悩みました。

結論はリカバリーを普通の状態でするのではなく、上と同じく起動前のBIOS設定でCDまたはDVDドライブを選択して、領域を設定してからリカバリーに入ってください

たぶん、パソコンによって若干違うところもあると思いますが、やり方は同じはずです。ちなみに私の古いパソコンは富士通BIBLO NB16Bです。富士通の古い型はこれでできます。

一番怖いのは今のパソコンにはリカバリーソフトがついていないということ。

HDDの中にリカバリー領域があるだけ。

我が家はパソコン好きの二人なので、買ってすぐにこれってHDDが壊れたら・・・?!と思い、リカバリーディスクを作りました。DVD5枚も使った。

それがないとHDDが壊れたら泣かないといけません(たぶん、メーカーから有償で買えるとは思いますが、お金がもったいないし)

リカバリーソフトがついていないパソコンの人はすぐにリカバリーディスクを作りましょうね。

posted by Rena at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2011年06月09日

スパイスカレー

図書館から美味しんぼ24巻「カレー勝負」を借りてきたら、ダンナとカレーが食べたくなり、スパイスから作っちゃいました。

この「カレー勝負」はおもしろいです。

カレー粉とは何ぞや?!から始まって、インド、スリランカに行ってカレー粉のルーツを探るというものですが、これを読むとスパイスカレーを作りたくなりますよ。

私はこの二国は行ったことがありませんが、ペナンに行った時にメチャクチャ辛いカレーを食べました。

「日本人には無理だよ」と言われながらトライしましたが、辛すぎて完食は無理でした。

ペナンもタイ寄りかな。

インドはヨーグルト。スリランカ、タイなどはココナッツミルクらしいです。

最近はタイのグリーンカレーが好きで、カレーといえば我が家はグリーンカレーばかりだったのですが、いつも買っていたココナッツミルクが手に入らなくて、違うお店で買って作ったら味が違う。材料が1つ違うだけでも味が変わってしまうんだなと勉強したばかりでした。

で、美味しんぼに出てくるスパイスはとても日本では全部揃えられないので、基本になっているようなもの6種と、ガラムマサラを使って作りました。なので、本ほどインドカレーには近くはないだろうけど、スパイスカレーというのは堪能できました。

110609~01.JPG

クミン、ターメリック、カルダモン、コリアンダー、ジンジャー、レッドパッパーを混ぜたものです。

110609~02.JPG

あとは入れる素材と、ヨーグルト、トマト缶でOK。

私は鶏ももと玉ねぎのみ。

とても簡単だし、家計にも優しい。

110609~03.JPG

こんな感じです。

とろみの成分は入っていませんが、とろーりとしたカレー。

ダンナ曰く、「このカレーを食べ始めると、カレールーのカレーは食べられなくなる」と言ってます。

確かに添加物もないし、化学調味料も使わない。薬膳みたい。

ただ子供はどうかなぁ・・・今度、甥っ子、姪っ子で試してみよう。

確かにカレールーを使わなくなりました。スーパーの特売で買ったのが残っているんだけど・・・

量も2人分ちょっと(本当は4人分だけど、ダンナが結構食べるので)だからちょうどいいし、夏にはとってもいいかも。体にも良さそうだしね。

スパイスが苦手じゃないという人は、是非試してみてください。

2011年06月05日

パソコンが壊れた・・・

結婚前から使っていたパソコンがついに壊れました。

何度かHDDが調子が悪く1度替えたことがあるのだけど、今回も普通にシャットダウンをしたらできない。何度も何度もウィンドウズの起動画面になり落とせない。

本当に突然きますね。

データのバックアップもしていなかったので、ダンナからHDDをとってもらいダンナのパソコンで吸い上げてもらってメール以外は何とかなりました。

リカバリーをしたら何とかなったのですが、またダメになるだろうし、もう十分使ったからと、ダンナから新しいパソコンを買ってもらいました。

110604.jpg

ブルーレイもついていて、メモリも4GBで8まで増設可能、750GBに、Core i5でオフイスもパワーポイントまでついていて80,000円ちょい。ポイントも使ってもらい7万円台。

なかなかお得なお値段になり、スペックと値段を考えても「よし 」ということで、あまり考えずに決めました。

まぁ、Macにしてみようかなぁと思っていたので、その辺は悩んだのですがやっぱりスペック、値段共に考えるとMacはどうしても高くなってしまうのでウィンドウズにしました。

ずっと富士通を(会社でも)使っていたので、まだキーボード等悩みます。別にメーカーが違うからと何が違うわけでもないのでしょうが、今はテンキーがついているし、エンターがちょっと小さい?前のよりは小さいし、ミスタッチがさらに多くなったような気がします。入力が下手なのでしょうが・・・

考えてみたら本当に初めて他メーカーを使いました。と、いうか富士通以外はさわったことがない(ダンナのは別ですが)

だからちょっと使うと熱くなる・・・とか心配です。すごく熱くなるのです、コレ。

リカバリーもついて来ないので、自分でリカバリーCDを作るのに何十分もかかったり、64ビットなので(32も選べる)はたしてプリンターは使えるのか?!とか。新しいのはわからない。

プリンターの動作確認をしないまま、ソフトを入れちゃったり。これでプリンターがダメだったら、またリカバリーしなきゃ。

段々、ハイテク(←死語かしら)になっていきパソコンにもついていけなくなってきました。

前のパソコンは20万以上したから、このスペックでこの値段はビックリです。ホント、すごいです。

 

posted by Rena at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記