2009年10月14日

パプリカが元気です

毎日寒くなってきているのに、我が家のパプリカがまだまだ元気です。

日々、色が変わっていってます。ただ気温が低くなってきたので、今は花が咲くのは珍しく、小さい実も必死で大きくなっているという感じ。

大きく成長したものだけが変色に勤しんでいるという状態です。

黄色がなかなか変わらない。オレンジが早く変わるのに、黄色は1個全体が変わるまでに時間がかかります。太陽の当たり具合でしょうか・・・

091013.jpg

8月くらいで肥料をやめ、石灰だけをきちんとあげていたら、6〜7月に起こした尻ぐされは全く見られなくなりました。9月以降はまた気温が下がってくるため尻ぐされに注意していたのですが、今の実には全くなく、やはり定期的な石灰の散布は有効のようです。

ダンナのお義母さんもパプリカを育てていたようですが、「色が変わらない」と嘆いていました。

原因は・・・

単に収穫期間の勘違い。ピーマンのようにあっという間に採れると思っていたみたい。

緑のまま、しかもピーマンくらいの大きさのを収穫して持ってきたので、「パプリカは花が咲いてから収穫までは2ヶ月かかります」と教えてあげたらビックリして、「短気は私には向かない」と言ってました。

次の問題はパプリカをどう年越しさせるか・・・

多年木なので今年1年で終わらせるにはもったいないです。

ただ我が家に霜よけをする場所もないし、来月には雪が降り出すし、そろそろ考えないとです。

posted by Rena at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園

2009年10月13日

夏の日の1993

懐かしい曲を聴くとその時の自分の人生を思い出しませんか?

今日の朝のワイドショーで知ったニュース。

classの津久井さんが亡くなったということを知りました。

多分、私の年代ならこの曲を聴いたことがあると思います。私もいろいろなことを思い出します。

ダンナにも今朝話していましたが、この頃は結婚したいなんて思わないほど、毎日、仕事が楽しくて楽しくて、遊ぶのも楽しくてという人生でした。

この頃、私はこの曲の関連の会社に勤めていました。

だから思い出もたくさん。

泣いたし、笑ったし、本当に見るもの、知るもの、聞くものが何でもおもしろかったし、楽しかった。

希望していた音楽業界に勤めて、東京に住んでいて、この後「カナダに行く」という目標が出来なければ新潟には帰って来なかったと思うし、ダンナとも出会わなかったと思います。

人の人生って本当にわからないですよね。

どこでどうなるか・・・

人生のどこかですれ違った方が亡くなるのはとても残念です。

ご冥福をお祈りします。

posted by Rena at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年10月08日

久々の台風

先月から父が入院をしていて、ブログの更新がすっかりご無沙汰になってしまいました。

やっと退院の予定も決まり、ほっと一息していた時にこの台風。

実が沢山なっているパプリカを家の中に入れたり、昨日は今日に備えて大騒ぎをしていました。

全国的に大変なことになっていますね。

新潟市は会社に行く時は雨も降っていませんでした。

会社に着いてしばらくすると雨、風がひどくなったのですが、お昼前くらいに別会社の方が私の名前を叫んでいる。

「何だぁ?」と行ってみると・・・

091008~01.JPG

こんなことになっていました。

もう少しずれていたら、車の上に木が・・・

危ない。危ない。

根っこごと倒れていました。

すぐにその会社の人がフォークリフトで木を移動してくれたので、車に被害はなかったのですが車の上に倒れていたら泣いていたことでしょう。

091008~02.JPG

その後しばらくすると新潟市の職員の方が木を切って撤去してくれました。

こんなに簡単に木が倒れるのですね。

ビックリです。

posted by Rena at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記